仙台駅前ラーメンビリープラスでマシマシ・つけ麺をガッツリ喰らう!

東仙台や泉学院前にあるラーメンビリーですが、それらとは少しテイストが違う「ラーメンビリープラス」が仙台駅前付近にあります。基本のラーメンメニュー自体は同じですが、ラーメンビリープラスではスープがかなり濃厚になっており、独自メニューも存在。

そこで今回は、仙台駅前にあるラーメンビリープラスへ行きここでしか食べられないラーメンを実食。メニューや営業時間なども詳しくまとめています。

ラーメンビリープラス仙台駅前店/住所や営業時間

ラーメンビリープラスは、他のラーメンビリーとは違い2倍のガラを使用しているようです。そのためスープが非常に濃厚で、少しドロ系なガツンとしたインパクトがあるラーメンを提供してくれます。

そんなラーメンビリープラス仙台駅前店の住所や営業時間などをまとめました。

店舗名:ラーメン☆ビリーPlus 駅前店
郵便番号:980-0021
住所:宮城県仙台市青葉区中央2丁目6−34
営業時間:11時 〜 翌2時(日曜日は0時終了)
定休日:基本なし
注文方法:食券
その他:専用駐車場/駐輪場なし

アクセス方法と周辺地図

ラーメンビリープラスは、ハピナ名掛丁商店街の出口、クリスロード商店街入り口の通りの近くにあります。スタ丼とお蕎麦屋さんの間にあり、上りも立っているので見つけやすいかと思います。

店前にはメニュー看板も。以前来た時よりもメニューが増えてますね。マシライスと言えば東京にある立川マシマシを思い出します。

仙台駅からラーメンビリープラスへのアクセス方法は下記となります。

仙台駅からハピナ名掛丁商店街を通って徒歩6分ほどでラーメンビリープラスに到着します。駐車場や駐輪場はないので、できれば歩いていくのが良いですね。駐輪場であればPARCOの地下駐輪場が3時間まで無料なので、そこに停めるのが一番良いでしょう。

有料駐車場はラーメンビリープラスの近くに機械式のもの、平面タイプの駐車場の2種類があります。

ラーメンビリープラス仙台駅前店のメニュー

ラーメンビリープラスのメインとなるメニューを紹介します。麺量は食券機に書かれており、小200g、中300g、大400g、特600gとなっています。ラーメンビリープラスではコール時に「アブラ」の無料追加ができず、これだけは有料となっていることに注意してください・

ラーメンビリープラスのラーメンメニュー

  • ラーメン(大/中/小)
  • 味玉ラーメン(大/中/小)
  • 豚ラーメン(大/中/小)
  • ビリーラーメン(大/中/小)
  • 塩ラーメン(大/中/小)
  • 味玉塩ラーメン(大/中/小)
  • 豚塩ラーメン(大/中/小)
  • ビリー塩ラーメン(大/中/小)
  • ミニラーメン
  • 煮干しラーメン(裏麺)
  • つけ麺(中/小)
  • 味玉つけ麺(中/小)
  • マシマシ(中/小)
  • 味玉マシマシ(中/小)
  • 豚マシマシ(中/小)
  • ビリーマシマシ(中/小)

ご飯系メニュー

  • ごはん(中/小)
  • アブラ飯(大/小)
  • マシライス
  • マシライスミニ

この他、アルコールドリンクや各種トッピングが販売されています。お土産ラーメンもあるので、自宅でラーメンビリープラスを味わいたい人は購入してみてはいかがでしょうか。

ラーメンメニューの「マシマシ」はイメージがつきにくいかもしれません。簡単に言ってしまえば、汁なし麺となります。柔らかく煮込んだ豚肉と味付けされたトロトロのアブラ、ネギをバランスよく加えた新感覚の汁なし麺です。

他のラーメンビリーで言うとまぜそばに近いかも。

【食レポ】マシマシ+アブラ飯を注文

まずは店内に入り食券を購入しましょう。食券を購入したら、もし満席で並びが必要な場合店内ではなく車道側に並びます。外なので冬はかなり肌寒く、暖かい格好をして行くことをおすすめします。

並ぶ場所にはコーンが立っているのでわかりやすい。

今回はマシマシ(小)820円、アブラ飯(小)160円を注文。いつもはラーメン(小)ばかり食べていますが、新しい味にも挑戦したいと思い今回はマシマシを選びました。

お水はセルフサービスかつ壁と席の間が狭いので、着席する前に入り口のコップに水を入れて持っていくことをおすすめします。カウンターにはウォーターポッドがあるので、コップさえあれば水を再度汲みに行く必要はありません。

お昼13時過ぎは店員さん2名体制での調理、接客。食券を渡し着席した後カウンターテーブルなどをいつも通りチェック。テーブル前にティッシュは置かれておらず、席の後ろにあるハンガーを掛けられる壁の上に3〜4個のティッシュ箱があります。

調味料もカウンターテーブル上ではなく、天井からぶら下がっている調味料台にとうがらし、胡椒、ラー油などが置かれています。ちょっと一風変わった配置なので、初見の人はどこに何があるのか戸惑うかもしれません。

コールは着丼時に聞かれます

そんなこんなでラーメンが出来上がったようで、「ニンニク入れますか?」と二郎系ではお馴染みの声掛け。

コールでは、やさい、ニンニク、カラメ、ラー油を増すことができます。今回はニンニクのみコール。ちなみに汁なし麺を注文した場合は「追い飯」を無料追加することができ、魚粉・チーズ・カレーの中から味を選べます。

着席して7〜9分後に着丼

こちらがマシマシ(小)820円。

麺はボキボキの茹で加減で、堀切系に近い麺の食感。食べ応え抜群で、汁なし麺によく合う麺です。

マシマシには分厚いチャーシューではなく、ほぐし豚がゴロッと乗っています。ほぐし豚は味がシミシミでこれ単体で白ごはんの上に乗っけて食べたいくらいです。多分それがマシライスやアブラ飯に該当するのだとは思いますが。

そして今回初めて食べるアブラ飯(小)160円。

味付けされたアブラだけでなく、少量のほぐし豚も乗っかっていてめちゃめちゃご飯が進みました。個人的にですが、アブラ飯単体をどんぶりで食べたいくらいハマりそう。

今回は小サイズだったのであっという間に食べきってしまいましたが、お腹に余裕があったら大サイズ、もしくはマシライスミニを食べてみたいですね。ただ今回の組み合わせでお腹いっぱいになってしまったので、大サイズは厳しそうです。

ラーメンビリープラスは開店当初より美味しくなった気がします。ご馳走様でした。

次はマシライスを食べたい!

通常のラーメンも二郎系って感じで好きですが、ラーメンビリープラスではそれ以外にもマシライスや汁なし麺、つけ麺なども用意されており、毎度どれを食べようか迷ってしまいます。

ラーメン屋さんでライス系のみ食べるのは少し抵抗がありますが、今度行く時は思い切ってマシライスを食べてみたいと思います。クリスロード、ハピナ名掛丁商店街付近で二郎系ラーメンを食べようと考えている方は、一度ラーメンビリープラスへ来店してみてはいかがでしょうか。

余談ですが、店内を見まわした時に「裏麺あります」と書かれたポップが貼られていました。これは煮干しラーメンで注文できます。

【後日談】つけめんとマシライスミニを食べてきました

どうしてもマシライスが食べたかったので、再度ラーメンビリープラスに来訪しました。マシライスはミニサイズもあるので、つけ麺(小)と一緒に頼みました。

こちらがラーメンビリーのつけ麺(小)です。

麺に魚粉っぽいものが混ぜ合わせられており、一般的なつけ麺とは見た目が結構違います。麺はぶっといものがたっぷりと。小サイズでも結構な麺量ですが、サイドメニューを頼まないのでしたら中サイズでもいいかもしれませんね。

つけダレは麺によく絡むタイプ。単体でつけダレを飲むとめちゃくちゃ濃いので注意してください。

そしてこちらがマシライスミニ。

立川マシマシと違うのは、豚バラやひき肉ではなく味付けされた脂とよく煮込まれたブロック肉がどっさり乗っていること。豚はとろとろで柔らかくご飯と相性最高。生卵があることでマイルドさがプラスされ、尖った濃い味がちょうどよい濃さに中和されます。

マシライスミニを頼みましたが、これなら普通のマシライスを頼んでも良いなと感じました。ラーメン屋さんでご飯メニューのみを頼む異質な感じはしますが、ぜひ一度は食べてもらいたいです。ちなみに通常のマシライスはライスの量を選ぶことが出来ますよ。

いいね!をすると
最新情報が届きます

関連記事

  1. おんのじ仙台本店/つけ麺を深夜に食べたい人へ

  2. ラーメンパンチへ再訪!以前の評判より美味くなったと聞いたが果たして

  3. ラーメン☆ビリープラス マシライス

    ラーメンビリープラスでマシライス実食!脂ぷるぷるお肉ごろごろでリピート不可避

  4. とーもん コーヒーとケーキ

    「自家焙煎珈琲の店 とーもん」へ来店!60年以上の歴史がある老舗喫茶店

  5. 仙台駅「みのりカフェ」へ来店!モーニングも食べられるWiFi完備のお店

  6. 【仙台】めん家竹治郎の実食レビュー/BiVi1階にあるラーメン屋さん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。