仙台駅で「ずんだシェイク」を堪能!駅構内の場所や店舗情報を紹介

宮城の玄関口、仙台駅。通勤、通学客や観光客など多くの人で、いつもにぎわっています。その仙台駅にあるのが、人気の「ずんだシェイク」やずんだスイーツが味わえる「ずんだ茶寮・ずんだ小径店」。

月曜から夜更かしでマツコデラックスさんが取り上げたこともあって、休日は結構な賑わいを見せています。この記事では、地元民そして観光客にも人気の「ずんだ茶寮・ずんだ小径店」について、くわしくご紹介していきます。

ずんだ茶寮・ずんだ小径店の店舗情報

現在「ずんだ茶寮・ずんだ小径店」は仙台駅構内3階にあります。以前は1階にあったような気がしますが…。

仙台駅3階の新幹線中央改札口すぐそばにあるのは、有名な寿司通りと牛タン通り。その2つの通りといっしょに、「ずんだ小径」というずんだ関連の店が集まった一角があります。今回、行ってみて「ずんだ小径」を初めて知りました。「ずんだ小径」ができて、お店がこちらに移転したんですね。

仙台名物のお菓子「萩の月」で有名な「菓匠三全」。その菓匠三全のずんだ関連商品を扱っているお店が「ずんだ茶寮」です。喫茶スペースのある「ずんだ小径店」では、ずんだシェイクだけでなく、ずんだ関連のスイーツを味わうことができます。

ずんだ茶寮・ずんだ小径店の店舗情報は下記のようになります。

店舗名:ずんだ茶寮 ずんだ小径店
郵便番号:980-0021
住所:宮城県仙台市青葉区中央1丁目1-1 仙台駅3階
TEL:022-715-1081
営業時間:8:00~21:30
席数:26席
定休日:なし
注文:カウンター
会計:先払い
駐車場:なし(屋上、近隣に有料駐車場あり)

ちなみに仙台駅の2Fにも「ずんだ茶寮 シェイクエクスプレス店」があります。合計で2ヶ所駅構内にある感じですね。個人的には座ってゆっくり飲める3Fの「ずんだ茶寮・ずんだ小径店」が好きです。

ずんだシェイクが飲める2つの場所

駅構内のどの辺にずんだシェイクが飲める場所があるのかをご紹介します。

JR仙台駅2階 ずんだ茶寮 シェイクエクスプレス店

目安としては仙台駅西口の出口2−6近くとなります。ずんだ茶寮 シェイクエクスプレス店がある大まかな場所を赤く囲みました。

ずんだ茶寮 シェイクエクスプレス店の場所

JR仙台駅3階 ずんだ茶寮・ずんだ小径店

目安としては牛タン通り / すし通りの手前となります。ずんだ茶寮・ずんだ小径店がある大まかな場所を赤く囲みました。

ずんだ茶寮・ずんだ小径店の場所

3Fのずんだ茶寮・ずんだ小径店は座る場所も用意してスペースが広いのでわかりやすいかと思います。

ずんだ茶寮・ずんだ小径店/主なずんだ系メニューや値段

ドリンクメニュー

  • ずんだシェイク(レギュラーサイズ):295円
  • ずんだシェイク(ラージサイズ):438円
  • ずんだシェイクエクセラ:499円

フードメニュー

  • ずんだ餅(お煎茶・黒豆茶・冷茶いずれかとセット):764円
  • ずんだあんみつ(お煎茶・冷茶どちらかとセット):774円
  • ずんだロール(お煎茶・冷茶どちらかとセット):812円
  • ずんだ最中とバニラアイス(お煎茶・冷茶どちらかとセット):601円
  • 抹茶ババロア※週末限定(お煎茶・冷茶どちらかとセット):764円

その他に、黒豆茶やコーヒーなども用意されています。

【レポ】仙台に来たら定番のずんだシェイクは外せない!

ずんだ茶寮・ずんだ小径店では、お土産用の冷凍ずんだ餅など、ずんだを使ったお菓子がたくさん販売されています。またテイクアウトで、ずんだシェイクを買うこともできます。お土産袋を持った観光客が、テイクアウトのコーナーに4,5人並んでいました。新幹線の待ち時間がない人には助かりますね。

店の奥が喫茶スペースになっています。

ちなみに隣接する駅ビル、エスパル地下1階にも、喫茶スペースがある「ずんだ茶寮・エスパル仙台店」があります。メニューもいっしょですので、行きやすい方を選びましょう。

さらに仙台駅2階には、ずんだシェイクをテイクアウトできる、「ずんだシェイクエクスプレス店」もあります。駅中だけで、3カ所もずんだシェイクが飲めるお店があるんですね。

今回は喫茶スペースに入ってみました。

水曜日の正午過ぎなので、そんなに混んではいません。お客さんは4、5人といったところでしょうか。先客にはサラリーマンの人が1人、若い女性が4人ほど。テイクアウトに並んでいる人は男女半々といった感じでしたが、喫茶スペースには女性が多いようです。

ですがファストフード店のような雰囲気なので、男性でも入りにくい感じはありません。

ずんだ色の椅子がかわいいです。喫茶スペースの広さは、こじんまりとしたサイズ。窓際の席からは、仙台駅の2階コンコースが見下ろせます。駅を行きかう人を、ぼんやりと眺めながらリラックスできそうです。

窓際のテーブル席に座りました。席にはメニューが置いてあります。ほぼ、ずんだ関係のスイーツです。ずんだシェイクは、メニューには書いてありませんでした。テイクアウトだけなのでしょうか。

席でだいたいメニューを決めたら、カウンターに行って注文します。会計も先に済ませます。

席にあるメニューには、ずんだシェイクはありませんでした。ですがカウンターには、ずんだシェイクの見本が置いてあり、喫茶スペースでも購入できます。

「ずんだあんみつ」と迷いましたが、やはり「ずんだシェイクの味をお伝えせねば!」という使命感がわき、急きょ「ずんだシェイク」に変更です。サイズはレギュラー、ラージ、そしてクリームがトッピングされているエクセラの3つ。ブログ映えを狙い、ここはエクセラを選択。

注文してお金を払うと、すぐにシェイクが渡されました。他のずんだスイーツは、席でできあがるのを待ちます。

こちらが、ずんだシェイクのエクセラサイズ。

生クリームの上にはずんだソースがかかっています。ふたを外す時に、ふたにずんだソースがついてしまい、ちょっと残念な感じになってしまいました。本当はもうちょっとかわいい感じですよ。

色は、イメージしているずんだより、ずっと白っぽい感じです。ほのかな黄緑色。黄緑色の飲み物ってなかなか無いですね。

仙台人としての感想は、一言で「落ちつく味」。小さい時から刷り込まれてきた、懐かしいずんだの味です。ですが、きっと宮城の人でなくても、「落ちつく味」と思っていただけるのではないでしょうか。シェイクになっても、ずんだの優しい味は変わらないんですね。

たまに市販のずんだ餅を食べると、「ちょっと甘すぎるかな」という時があります。ですが、ずんだシェイクは甘過ぎず、ちょうどいい感じ。

よく味わうと、ずんだの粒々を感じます。これがまたいいんです。家庭でずんだ餅を作るともっと粒々が粗くなるのですが、こちらは結構すり潰されていて、上品な感じです。

ずんだシェイクをネットで検索すると、「マツコさんが一気に4杯も飲んだ」という話がたくさん出てきます。よーく気持ちがわかります。飲む前は、いつも頼まない一番大きいサイズを選んでしまって、「大丈夫かな?」と思っていたんですけど…。

全然大丈夫でした。むしろもう1杯飲みたいです。

仙台に来たらぜひずんだシェイクを飲んでみてください

私が滞在した20分ちょっとの間に、お客さんが入れ替わり、立ち代わり、出入りしていました。大きな荷物やお土産袋を持った人がほとんど。新幹線の時間までのわずかな時間に、最後の仙台名物を楽しもうといった感じでしょうか。そんな人たちに囲まれていると、自分も旅行者になった気分になりました。

帰り際に「ずんだ茶寮・エスパル店」の前を通りかかったのですが、こちらは地元のマダムといった雰囲気のお客さんが多いようでした。

仙台名物のずんだが、さまざまな形で味わえる「ずんだ茶寮・ずんだ小径店」。ずんだ大好きの人にも、ずんだ未体験の人にもおすすめです。仙台駅におこしの際は、ぜひ寄ってみてくださいね。

いいね!をすると
最新情報が届きます

関連記事

  1. とーもん コーヒーとケーキ

    「自家焙煎珈琲の店 とーもん」へ来店!60年以上の歴史がある老舗喫茶店

  2. humming meal market coffee&bar(ハミングミールマーケット)

    HUMMING MEAL MARKETへ来店!コーヒーと東北食材を活かしたメニューに感動

  3. ラーメンすみたに

    仙台ラーメン「すみたに」実食レポ/市内では珍しい辛さに特化した一杯

  4. 仙台のお弁当屋「みつわや」の絶品唐揚げ!日替わりはインスタでチェックできます

  5. 麺屋 政宗 分家

    【仙台】麺屋 政宗 分家へ来訪!油そば・つけ麺に特化したラーメン屋さん

  6. 横横家 ラーメンとライス

    仙台 横横家で「チャーシューメン」喰らう!家系ラーメンでも高レベル

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。